お金を借りることをメリットとする

お金を借りることをメリットとする

お金を借りるということがデメリットになると感じている方も多いでしょう。ローン嫌いという方達は少なからずいらっしゃいます。しかし、現在ローンなどの状況は大きく変わっていますし、生活している方たちも不況を体験したがゆえにお金の使い方、計画の仕方もかなり変化してきているはずなのです。

 

お金を借りることは必ずしも損になることばかりではありません。お金を借りることをメリットとすることもできるのです。分かりやすさという点でどなたにも明白なのは無利息での借り入れでしょう。これは一定期間利息がかからないことで、お得にローンを使っていくという方法です。銀行カードローンや消費者金融のカードローンなどでこのサービスが実施されています。

 

またカードローンの利息が高い、と思っている方もカードローンでは多くの商品が利用した日数分だけの利息を支払うということをご存知でしょうか?1日借りれば1日分だけの利息を元金と共に返済すればよいのです。

 

これをお得に活用する方法としては、銀行の時間外ATM手数料の代わりとするというものです。週末など銀行で時間外に自分の口座からお金を引き出すよりも、カードローンを利用してお金を借りて週明けにすぐに返してしまうのです。カードローンの借り入れには手数料がかからない方法がたくさんありますので、ATM時間外手数料と利息を比較して利息のほうが低ければお得な使い方となるのです。

 

他にも旅行費用などでもシーズンによって大きく違いがある場合などは、一番安い時にローンを利用したほうがコストを抑えられることもあります。特に海外旅行などでは倍ほども価格が違っている場合なら、利息のほうが低いという場合も多くなるでしょう。

 

お金を借りることはいつでもデメリットとなるわけではありません。上手な借り入れの仕方を知っておけばお得に利用できる方法もたくさんあるということです。ローンを使いこなしてお得なマネープランを広げていきましょう。

 

借り入れ枠があることの安心感

お金を借りることをメリットにできる方法もたくさんあり、ATM時間外手数料など実際に借りることが節約につながるようなケースなどを考えるとお金を借りることを上手に使いこなしたいものですね。カードローンでは限度額を決め(借り入れや返済の状況によって限度額を増額することも利用中にできる場合もあります。)その金額内なら何度でも借りたり返したりと自由に使うことができるようになっています。

 

この特徴を活用することで、銀行口座の代わりとしてお給料前などに効果的に使っている方も多いでしょう。お金を借りることができる、要するに借り入れ枠があることには大きな安心感があります。

 

どれほど計画的にお給料からの出費を振り分けて貯金していたとしても、その計画通りに進まないこともよくあるものです。思わぬ時にお金が必要になった経験はどなたでもお持ちなのではないでしょうか。そんな時に口座から引き出すようにカードローンを利用できれば、気持ちの上でも余裕は全く違ってくるものでしょう。

 

お金を借りるということ、ローンを積極的に活用していくことにメリットを感じる方も増えています。実際に無利息期間のあるローンのようにお得さが目に見えるものなどなら分かりやすいですが、常に借り入れ枠があるということの安心感は見えないものでありながら気持ちに大きな変化をもたらしてくれるはずです。

 

カードローンの計画的な利用は、決して無駄でも損なことでもありません。ローンを併用するということもできることですから、カードローンを利用していたら住宅ローンが利用できないといったこともありません。もちろん審査によって信用度や返済能力などで判断されますが、現在ローンを利用中なら即審査否決とはならないのです。

 

お金借りるならできるだけ金利が低く、借りやすく返済の手間がかからないローンを探してみることをおすすめします。クレジットカードのキャッシング枠などを利用されている方も多いのですが、金利の点でもっとお得なカードローンもたくさん見つかるはずです。

すでにローンを抱えている方がさらにお金を借りるということはできるのでしょうか?複数のローンを抱えることは返済などの点において難しさも伴います。しかし、ローンを組み合わせることで得られるメリットもありますので、見ておきましょう。

 

カードローンなどを利用中の方が限度額いっぱいまで借り入れをしている時にさらにお金が必要になった場合は、他のカードローンにさらに申し込みをする前にまず限度額をアップできるかどうかを試してみましょう。借り入れが複数になって毎月の返済回数が増えるよりも、一つの借り入れ先のままで限度額を大きくすることによって金利が下がることもありおすすめです。しかし中には限度額増額ができないというローンもありますし、増額は審査によって決定しますのでできない可能性もあるということを知っておきましょう。

 

さて住宅ローンやマイカーローンを利用している方がさらにカードローンも使いたいと考えた場合などは、可能なのでしょうか?住宅ローンやマイカーローン等は、総量規制の対象とならない借り入れですからカードローンを貸金業者で利用しても年収の3分の1までは可能です。しかし、返済のことはもちろん考えておき、余裕のある計画を立てる必要があるでしょう。

 

また住宅ローン等を利用している銀行でカードローンを利用することで、金利の引き下げサービスなどが受けられる場合もあります。まずは現在自分が利用しているローンを取り扱っている金融機関などを確認してみましょう。メインバンクで住宅ローンやカードローンを利用することは、返済時などにもメリットが大きいものとなります。お給料が振り込まれる銀行口座から自動引き落としでローン返済をすると、入金の手間などが省けますね。

 

すでに借り入れがある場合にさらにお金を借りたいという状態になったとしても、必ずしも問題が発生するということではありません。計画的な利用によっては、お得なサービスを活用することもできます。

続きを読む≫ 2015/02/13 09:19:13

無利息ローンや無利息期間という言葉を見ると、お金を借りるのに利息がかからないということなどあるのだろうか、と思ってしまいますね。もちろんずっと無利息というわけではなく無利息ローンを取り扱っている金融機関が、設定した期間は利息がかからずにお金を借りることができるというものです。その期間が完了すれば通常の通り利息のかかるローンとして利用していくことになります。

 

どこの金融機関も行っているというわけでなく、また新たな利用者のみが対象となっているキャンペーン的な意味合いが強いものが多いですから、申し込みをする前には確認が必要です。

 

また無利息になるための条件も各ローンによって違いがあることにも注意しておきましょう。例えば、初めての方が30日間無利息になるプロミスでは、ネットで明細を利用することとメールアドレスを登録することが条件となっています。(以前はポイントサービスへの登録となっていましたが、変わっています。)アコムでは返済サイクルを35日ごとに設定することなどが条件となっています。毎月同じ日に返済日を設定したい方は利用できないということになりますね。

 

他にも一旦支払った利息をキャッシュバックして実質無利息になるようなローンもあります。また、ノーローンのように全額返済してしまえばまた無利息期間が設定されるようなローンもあります。利息がかからないという点からいえば、確実にお得ではあるのでしょうがそれを十分に活用するためには、申し込み者の方が注意しておく必要があるでしょう。

 

各金融機関のサービスとして行っていることが多いため、その個別の内容を把握しておかないと無利息期間を十分に活用できなかったり、無利息期間終了後に使いにくいローンだと感じたりしてしまうかもしれません。無利息を利用するための条件もしっかりと確認しておきましょう。はっきりお得さが目に見えるのが無利息期間のあるローンですから、上手に活用したいものですね。

続きを読む≫ 2015/02/13 09:19:13

クレジットヒストリーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。個人信用情報機関などに記録されている情報、つまりローンなどの利用履歴とほぼ同じと考えてよいのですが、それを積極的に有効活用していくことは今後のマネープランに大きく影響を与えるでしょう。

 

クレジットヒストリーはそれまでの借り入れや返済の履歴を意味します。ある一定の年齢になると、通常ローンを申し込んだ時などにそれまで一切ローンを利用した記録が残っていなければ延滞履歴がクリアになるのを待って申し込みをした、と判断する金融機関もあるのです。

 

40代ぐらいの男性が、マイカーローンや住宅ローン、あるいはカードローンやクレジットカードなどを一切利用したことがないということは、金融機関では不自然なこととみなす場合があり、本当に初めて借り入れをする場合であっても延滞の記録がなくなってから申し込んだと受け取られてしまうかもしれません。個人信用情報機関に残される延滞の記録は5年程度と言われていますので、そのタイミングを待っていたのだろうと考えられてしまうのです。

 

延滞の記録は延滞した金融機関自体にはずっと残ると言われていますが、他の会社への申し込みは個人信用情報機関に記録が残っていなければそれ以上遡って確認することは難しいのです。そのため全くローンを利用していないということが逆にデメリットになってしまうこともあるのです。

 

もちろんクレジットヒストリーを作るために無駄にお金を借りなくてもよいのですが、適時ローンを利用していくことも時には必要と考えておくとよいでしょう。そしてクレジットヒストリーはただ借りればよいというものではなく、きっちりと返済することが求められます。返済遅れがあればクレジットヒストリーはプラスとはならず、新たなローンを組めない原因となってしまうでしょう。当たり前のことですが、借り入れをするのなら返済を遅れずにするということを念頭に置いておきましょう。

続きを読む≫ 2015/02/13 09:19:13

ホーム RSS購読 サイトマップ